伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

   マルコによる福音書15章1~41節        

 

  受難節に入り、改めて「自分の罪深さと十字架の赦し」を想う時が多いと思います。その一番の中心にある「イエス様の受難」から、神様の愛のご計画に目を留めていきたいと思います。神の子でおられるイエス様だけが実現することのできた神様のご計画からたっぷりと神様の恵みを受け取りたいと思います。

 

続きを読む

  マルコによる福音書14章66~72節                          

 

 

 先日、灰の水曜日を迎え、受難節(レント)を迎えました。イエス様の十字架の苦難を心に留め、改めて私たちを救ってくださった神様の愛を覚える時です。復活祭(イースター)までの日々、あなたはどのように過ごしますか?

今日の箇所は、イエス様のお言葉通り、愛弟子ペトロがイエス様を裏切る決定的な出来事を記しています。ここから、人の限界を超えて、すべてを覆う、神様の愛を受け取っていきたいと思います。

 

続きを読む

  マルコによる福音書1章40~45節                        

 

 イエス・キリストは多くの病人を癒しました。それは、病に苦しむ人にとって大きな励ましであると同時に、さらに人のすべてを救うような癒しがあることを私たちに教えています。今日は一人の重い皮膚病の男性の癒しに目を留めます。

 

続きを読む

   マルコによる福音書14章43~52節                             

 

 今日の箇所は、レント(受難週)に読まれます。ここから、イエス様の十字架の苦難の道より、「信仰」、そして「神様の愛」について御言葉から聴いていきたいと思います。

 今日の所は、最後の晩餐、そしてゲッセマネから続く「イエス様の苦難の出来事」が描かれます。「時が来た」(41節)から続き、十字架が間近に迫ります。

 

続きを読む