ルカによる福音書12章13~21節  牧師 鈴木光

ルカ福音書のイエス様のたとえ話、今日は「愚かな金持ちのたとえ」です。

<

1.「貪欲」は恐ろしい
 「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい」とイエス様は言われました(15節)。
 「貪欲」とは「もっともっと」と飽き足らずに欲しがり続けることです。実はこの貪欲は本当に大きな問題から出ていることがあります。
コロサイの信徒への手紙3章5節には「貪欲は偶像礼拝にほかならない」と
あります。
 偶像とは、神様以外のものを神様とすることです。それは分かりやすい何かの像だけではなく、お金や名声、仕事や家族に恋人など、地上のどんなものでもなり得ます。たとえば、お金に執着すれば、価値観や優先順位の一番がそれになり、もっともっとと欲し、心が支配されていきます。まさに、お金が神様のようになってしまいます。貪欲に注意しなさいとイエス様は教えます。

2.日用の糧を今日も与えたまえ
 貪欲に支配されないようにイエス様はたとえて話しました。
ある金持ちが豊作に恵まれますが、まわりに分かち合うどころかあふれる作物をさらにため込む倉を建てました。そして、「さあ、これから先何年も生きて行くだけの蓄えができたぞ。」と言います。しかし、その晩彼の命は取り上げられるのです。
地上のものをどれだけ蓄えても、その先に持っていくことはできません。そして、地上の歩みがどれだけ続くかを人間は自分の意志で決めることができません。将来のために備えることは賢いことで否定されることではありません。しかし、その「将来」には地上の生涯の先までが入っているでしょうか。天国の主人である神様との関係がないままでは、そもそもそこに行くことすらできないではないですか。
先のために「もっともっと」となるのではなく、今日必要なものを与えてくださる神様に信頼する信仰を育てていきましょう。

3.神の前に豊かに
 代わりに、「神の前に豊かに」なることをイエス様は教えています。つまり、神様との関係を豊かにすることです。あなたと神様の関係はどうですか? 本当の豊かさを得ていきましょう。

<思い巡らし>
貪欲に注意しましょう/神様との関係を育てていきましょう