伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

創世記18章16~33節                

   

  今日は、「神様の呼びかけに応える人」アブラハムが、神様のお決めになっている事柄について、神様と問答する様子が描かれています。ここで描かれているアブラハムの「とりなしの祈り」から神様に愛されるために選ばれた者であることを確認していきたいと思います。

1.神様の選んだアブラハム(17~19節)

 アブラハムは、具体的に神様と御使いたちからイサクの具体的な誕生の予告を告げられました。その後、神様は、アブラハムにご自分の御旨を語ります。その話は、アブラハムの家の話にとどまらず、おいのロトの住むソドムに対する神様の考えにまでおよびました。アブラハムの世代だけでなく、子孫にまでおよぶ神様の祝福の契約、そしてソドムに対する神様の裁き。その時、アブラハムは、神様にソドムのことをとりなして祈ります。

2.悪名高いソドム(20~21節)

 ソドムとゴモラの非常に罪深い行いに対する訴えは、天におられる神様の耳にまで、叫びとなって届いていました。すべてをご存じの神様は、ソドムの悪事をしていながらも、御使いを送りその叫びを確認させます。ほんの少しの正しい人に目を留められる神様、最後の最後まで、立ち返るための機会をお与えくださるのです。神様は、私たちの罪深さに目を留めるお方ではなく、小さな私たちの内にある神様を想う信仰に目を留められるお方です。

3.ほんのわずかな正しい人(32節)

 アブラハムは、神様のお考えを知ると、ソドムの救いのために、神様と問答をします。その祈りともいえるアブラハムのとりなしは、ロトだけではなく、悪にまみれたソドムをとりなします。神様は、ほんのわずかな正しい人と、そして悪に染まるソドムをとりなすアブラハムの神様の目にかなう正しさから、神様の心を動かします。私たちの祈りは、どんな小さなことでも、神様が選んだ者の祈りとして、神様は心に留めてくださいます。私たちは、この地の「執り成し手」として、神様に大胆に祈り求めていましょう。

<思いめぐらしてみましょう>

 神様に祈るとき、様々な思いで祈ることを躊躇していませんか?

あなたが、たとえからし種一粒ほどの信仰であったとしても、神様はその信仰に目を留められ、その祈りに最善を尽くしてくださるお方です。祈りは、私たちが希望を描きやすいように、与えて下さった神様からのプレゼントです。