伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

 ヨハネによる福音書5章1~9節                     

 エルサレムの神殿の外れにある「ベトザタの池」では、水が動いた時に触れると病が癒えるという評判があり、多くの病人が周りに集まっていました。その中にいた38年間、病気で苦しんでいた人にイエス様が声をかけます。

1.良くなりたいか

イエス様の彼への呼びかけは「良くなりたいか(原文では、健康になりたいと望みますか)」という一言でした(6節)。普通に考えれば病気で悩んで、この池に来ているのですから、それは聞くまでもないはずです。しかし、38年間を病気に苦しみ生きてきた人物が、そこからまったく変わって、健康な人に即座になるとしたら、それはとてつもなく大きな生き方の変化を体験することになります。イエス様は、それでも「良くなりたいか」と聞きました。イエス様を受け入れて生きることは、それまでの罪の生き方を悔い改めて、新しい自分になることですから、ある意味では勇気がいることです。あなたなら、イエス様の呼びかけに何と答えますか。

2.誰も助けてくれない、でも…

彼はやはり「はい、良くなりたいです」とシンプルには答えませんでした。代わりに「誰も助けてくれない」、「他の人が先に水に触れてしまう」と他の人への不満を言い訳のように語ります(7節)。

しかし、この長々とした、素直ではない返事の中にこそ、イエス様の呼びかけに応えようとしている中で、「それでもここにいるんだ。治りたいからに決まってるだろ」と自分自身の決心が固まっていくような様子が見てとれます。

主の呼びかけに即答できる人ばかりではありません。しかし、その言葉に本気で向き合ってみるならば、そこに既に大きな変化が始まってきます。

3.歩きだせ

 「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい(8節)」とイエス様は彼に言います。ただこの言葉だけで、誰も助けず、自らもあきらめかけていた人が、自分の足で歩きだします。あなたにも聖書の言葉は語りかけています。応えて歩きだしましょう。

<思い巡らしてみましょう>

1.信仰を持って起きる変化についてどう思いますか。2.良くなりたいか、にどう答えますか。3.御言葉を受けて一歩踏み出した経験はありますか