伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

   ルカによる福音書19章1~10節               

 

  聖書の中の「主の呼びかけに応えた人たち」シリーズ、二回目の今日は新約聖書から、ザアカイに注目します。キャンプのテーマにも合わせて、イエス様に呼ばれ、友だちになったザアカイの姿をみていきましょう。

 

 

 

1.イエス様と友だちになる

 ザアカイは徴税人でした。当時の徴税人は、ただ税金を集めるのではなく、自分のもうけを得るためにズルをする人が多かったので、みんなから嫌われていました。自他ともに認める「罪人」だったザアカイは、お金はあっても友だちのいない悲しい生き方をしていたようです。

 ある日、イエス様が街にやってくると聞いて、ザアカイは一目でいいから見てみたいと思いました。みんながイエス様を囲んでいて見えませんが、木に登ってまで見ようと頑張りました。

 そんなザアカイのもとにイエス様は来て、驚くべきことにこう言いました(5節)。

「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」

もちろん、ザアカイは喜んでイエス様を迎えました。

 現在でも同じように、家をたずねるのは親しい仲であることの一つの証しです。実際、イエス様がザアカイの家に行ったことを、みんなは不満に思ってヒソヒソと話しました。しかし、イエス様は周りの評価は気にせずに、ザアカイの友だちになったのです。

 

2.イエス様の呼びかけに応える

 今日、イエス様はあなたにも呼びかけています。「ぜひ、あなたの家に泊まりたい」と。それは、私たちの心の内に住んでくださるということです。

 「急にそういわれても、家の中が散らかってるし…(心の中が汚いし…)」と思う必要はありません。イエス様はそんな私たちの罪や汚れを引き受けて、赦すために来られました。あなたのためにこそ、イエス様は来られたのです。

 イエス様はザアカイの名前を呼びました。彼をずっと知っていました。私たちもイエス様を知らなかったかもしれません。しかし、イエス様はずっとあなたを捜しておられた方です。今、イエス様を心の内にお迎えしましょう。

 

<思い巡らしてみましょう>

 イエス様は私たちの友だちになってくれます。呼びかけに応えよう