2020年11月24日 火曜日

「熱心に祈る」(5/10礼拝説教要約)

 何事でも神の御心に適うことをわたしたちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対するわたしたちの確信です。 (ヨハネの手紙Ⅰ 5:14)

 今日は母の日です。旧約聖書のサムエル記上にハンナという女性が出てきます。彼女には悲しいことに子どもがいませんでした。教会でハンナは「どうぞ男の子を授けてください。生まれたら、主におささげします。」と心をこめて祈りました。熱心に祈り続けているハンナをみた祭司エリは酔っているのかと誤解しました。しかし「酔っているのでなく、主の御前に心からの願いを注ぎ出しておりました。」とハンナは答えました。エリは「安心して帰りなさい。イスラエルの神が、あなたの乞い願うことをかなえてくださるように」と言いました。

神様は祈りに応えてくださり、ハンナは男の子を産みました。サムエル(神の名)と名付けられた赤ん坊は、その後、偉大な預言者となりました。ハンナが深い悲しみの中から、神様を信頼し、心を注ぎ出して祈ったこと。その結果として、神様からの祝福を頂くことが出来たことを心にとめて祈りの模範にしたいなぁと思います。

 わたしの両親は勝田教会の土地問題が出てきたときに、朝早くから起きて、礼拝堂で熱心に祈りました。「地主から返還要求が出されましたが、神様どうぞ教会が建っているこの土地を与えてください!」と。子供心にも、熱心な祈りってすごい!と感じました。

 その祈りは、娘であるわたしたち夫婦が受け継ぎ、24年間かかって土地問題は解決を見ました。それも、わたしたちが思っている以上にすばらしい、「新会堂と新保育園園舎取得」という祝福の形も伴って。諦めずに祈り続ける、心を注ぎ出して祈る、その時、御心は成っていくのです。常陸大宮の開拓伝道もそうして御心が成っていく証しであります。

コメントをどうぞ