2020年8月15日 土曜日

2020年5月のアーカイブ

5/24 礼拝説教要約「祈りの答え」

また、あの啓示された事があまりにもすばらしいからです。それで、そのために思い上がることのないようにと、わたしの身に一つのとげが与えられました。それが、思い上がらないように、わたしを痛めつけるために、サタンから送られた使いです。この使いについて、離れ去らせてくださるように、わたしは三度主に願いました。すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。

                    (コリントの信徒への手紙 2 12:7-10)

 祈りについて学びを深めてきました。熱心に祈る、あきらめずに祈る、主の励ましを受けて祈る、でした。そして、礼拝お休みという状況の中でも、喜んで、心を注ぎ出して祈ってきました。

 ところで祈りの答えは3通りあります。①Yes (良し) ② Wait(待て) ③No(ダメ)です。今日の個所はNo! 「きかれない祈り」です。これは誰にとりましても、つらいことです。

 伝道者パウロには持病があったようです。その為、福音宣教の業に妨げがあると思ったパウロは、それを取り去ってほしいと願いました。三度も集中して祈りました。しかし、答えはNo.  普通だったらめげてしまいます。けれどもパウロは自分の願い通りにならずとも、主から励ましを受けます。「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と。「主の恵み」なのです。キリストの恵みはパウロに対して十分に注がれていて、不足はないのです。そして「とげ」を含めて主が望む、一番良い状態にあることが示されたのです。

 そうです。主のお答えは、いつも私たちの期待するような形で来るものとは限りません。だからこそ、パウロは不承不承ではなく、すべてそのまま受け入れ「むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう」と、最初願った時とはまったく違った態度で向き合っています。真実な祈りは確実に人を造り変えていくのです。

 パウロはこう考えたかと思われます。「病気にならなかったら、私は何でも自分の力でできると威張ったことでしょう。でも、病気によって、主に頼らなければ何もできないことを知りました。私は弱いけれど、主の恵みをいっぱい頂いているのです。」

 二宮幸雄牧師も、ここ数年は痛みを抱えて生きておりました。顔をしかめて「イエスさま!」と訴えるさまに、その痛さが酷いものだと分かりました。「主よ、この命を取り去ってください」と願わなかったといったら嘘になるでしょう。しかし、痛みを抱えながらも、喜びのメッセージを語ることが出来たのは、奇跡的なことでした。「弱いときにこそ強い」をまさに体現しておりました。

 祈りはよく「神様にお話しすること」と言われています。そして自分の願いを率直に申し上げることが出来るのは、クリスチャンの特権です。

 ここで、祈りにおいて大切なことに、もう一歩踏み込んでいきます。会話ならば「言う」だけでなく「聴く」ことも大切です。願いを機関銃のように打ち込んでいくだけの祈りになっていないでしょうか。祈るときに、「聴く」ことを大切にしたいのです。

 「自分の思」が中心になっているところから、「神様の御心」をうかがうことに転換してみてください。「自分心」でなく「御心」、主なる神様のご計画を聴くのです。その時、「きかれない祈り」と思っていたものが、主がお望みになるように導かれることを通して、実は「きかれている祈り」に変えられているのです。ハレルヤ!!

5/17 礼拝説教要約 「感謝する」

 私事ですが、この度2週間の「糖尿病教育入院」をしました。おそれていたインシュリン注射は回避出来て、従来通り、経口血糖降下剤の服用を続けていけば良い、との診断でホッとしたところです。「但し入院時のように適切な食事と運動を継続するように」と、主治医から指導を受けました。ヘモグロビンA1cの値が改善されるように、きちんと生活ペースの確立に努めたいと思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 イエスはエルサレムへ上る途中、サマリアとガリラヤの間を通られた。ある村に入ると、重い皮膚病を患っている十人の人が出迎え、遠くの方に立ち止まったまま、声を張り上げて、「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください」と言った。イエスは重い皮膚病を患っている人たちを見て、「祭司たちのところに行って体を見せなさい」と言われた。彼らはそこへ行く途中で清くされた。その中の一人は、自分がいやされたのを知って、大声で神を賛美しながら戻って来た。そして、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。この人はサマリア人だった。そこで、イエスは言われた。「清くされたのは十人ではなかったか。ほかの九人はどこにいるのか。この外国人のほかに、神を賛美するために戻って来た者はいないのか。」それから、イエスはその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」

                 (ルカによる福音書17:11-19)

  重い皮膚病を患った人たち、この人たちは社会から締め出されて集団を作って何とか生きていました。その境遇は惨めなものでした。ですから主イエスに出会って、「癒やしてください!」と叫ばず、「憐れんでください!」と叫んだのです。イエス様はその人たちを見て憐れみをかけられました。その「重い皮膚病」を癒やしたのです。祭司に体を見てもらい、皮膚病の完治を承認してもらって、社会復帰が可能となるのです。

 ところが癒やされた十人のうちで、イエス様のところに感謝するために戻ってきたのは、たった一人でした。九人は、主の恵みの癒やしをまるで当たり前の当然の権利のように、感謝せずスルーしてしまったのです。

 なんということでしょう!しかし、この九人のような振る舞い方を私たちがしないとは限りません。イエス様が十字架にかかり、流された血潮によって、私たちは罪の奴隷から買い取られて自由になったのです。その尊い十字架の恵みを知らんぷりするような「恩知らず」にはなっていないでしょうか?ハッとさせられます。

 しかし神様の恵みから遠いと思われていたこのサマリア人が、イエス様に感謝するために戻ってきました。「感謝する」という言葉は「正しく」と「恵みを受け取る」という語から成っています。神を賛美し、感謝を現したこのサマリア人に、正しく神の恵みを受け取ったこの人に、イエス様は「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」と声をかけておられます。

 私たちは主イエスの十字架によって神様との橋渡しをして頂き、何でも望むところを祈り願う事が出来ます。その祈りが応えられたとき、私たちはちゃんと感謝しているでしょうか?請求書ばかりつきつけて、叶えられた時にちゃんと領収書を発行しているでしょうか?

 2週間ぶりに帰宅したとき、花壇のジャーマンアイリスと芍薬が見事に咲いていました。パンジーの花鉢も水やりの奉仕のおかげで、盛んに咲き誇っておりました。留守宅が守られたばかりでなく、チャペルを美しく装わせてくださっている!「神様、ありがとうございます」の言葉が出ました。どんな時でも、どんな状況でも、幸いなことに恵みを見出すことが出来ます。

 主の恵みを正しく受け取り、「賛美と感謝」の日々を過ごしたいと願っています。主の御名はほむべきかな。

「熱心に祈る」(5/10礼拝説教要約)

 何事でも神の御心に適うことをわたしたちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対するわたしたちの確信です。 (ヨハネの手紙Ⅰ 5:14)

 今日は母の日です。旧約聖書のサムエル記上にハンナという女性が出てきます。彼女には悲しいことに子どもがいませんでした。教会でハンナは「どうぞ男の子を授けてください。生まれたら、主におささげします。」と心をこめて祈りました。熱心に祈り続けているハンナをみた祭司エリは酔っているのかと誤解しました。しかし「酔っているのでなく、主の御前に心からの願いを注ぎ出しておりました。」とハンナは答えました。エリは「安心して帰りなさい。イスラエルの神が、あなたの乞い願うことをかなえてくださるように」と言いました。

神様は祈りに応えてくださり、ハンナは男の子を産みました。サムエル(神の名)と名付けられた赤ん坊は、その後、偉大な預言者となりました。ハンナが深い悲しみの中から、神様を信頼し、心を注ぎ出して祈ったこと。その結果として、神様からの祝福を頂くことが出来たことを心にとめて祈りの模範にしたいなぁと思います。

 わたしの両親は勝田教会の土地問題が出てきたときに、朝早くから起きて、礼拝堂で熱心に祈りました。「地主から返還要求が出されましたが、神様どうぞ教会が建っているこの土地を与えてください!」と。子供心にも、熱心な祈りってすごい!と感じました。

 その祈りは、娘であるわたしたち夫婦が受け継ぎ、24年間かかって土地問題は解決を見ました。それも、わたしたちが思っている以上にすばらしい、「新会堂と新保育園園舎取得」という祝福の形も伴って。諦めずに祈り続ける、心を注ぎ出して祈る、その時、御心は成っていくのです。常陸大宮の開拓伝道もそうして御心が成っていく証しであります。

「主の祈り」(5/3礼拝説教要約)

だから、こう祈りなさい。「天におられるわたしたちの父よ、御名が崇められますように。御国が来ますように。御心が行われますように。天におけるように地の上にも。わたしたちに必要な糧を今日与えてください。わたしたちの負い目を赦してください。わたしたちも自分に負い目のある人を赦しましたように。わたしたちを誘惑に遭わせず、悪い者から救ってください。」もし人の過ちを赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたの過ちをお赦しになる。しかし、もし人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの過ちをお赦しにならない。    (マタイ福音書6:9-15)

 弟子たちはイエス様と共に生活をして、その知恵と力に驚いていました。そして、その鍵は「祈り」にあることを知りました。そこで「祈りを教えてください」とイエス様に願い、教えられたのがこの「主の祈り」です。

1.父なる神様へ呼びかけ、神様の栄光を求める祈りから始まります。祈りにおいて神様を優先する、これは大切です。主の御名が何ものよりも崇められ、栄光を受けるようにと祈ります。また「御国」、神様の支配がこの世界に実現するように祈ります。そして「御心」が行われるように祈ります。どうしてもわたしたちは自分の思いを優先しがちです。はたして自分は主のみこころに生き、従っているかが問われます。

2.続いてわたしたちの必要を求める祈りになっています。

日々の生活に必要なものを与えてください、と祈ります。

(わたしは幼い時、「にちようの糧を与えたまえ」と唱えながら、日曜ばかりでなく月曜から土曜はどうするの? と思ってました。)

また「負い目」と呼ばれている「罪」が赦されること、そして試練や誘惑、悪から守られることを祈り求めるようにと教えられています。

 特に罪の赦しについては、わたしたち自身も神様に赦された者として、人を赦す決意が伴う祈りです。人を赦さないと、神様に赦されていることが実感できないのです。「難しいなぁ」と思わされますが、そうしようと一歩踏み出したとき、「既に赦されている」という神様の恵みの大きさに気づかされます。なんと幸いなお祈りでしょう。