伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

綿引久美子伝道師

ヨハネによる福音書19章28~42節                                     

 イエス様の死。この出来事は、私たちにとってとても大切な出来事です。イエス様は「成し遂げられた」という言葉をもって人となられた使命を終えます。「死」という人としての最大の試練を、イエス様ご自身が使命として成し遂げられる姿から、私たち自身が神様から与えられている使命に対してどのように向き合っていくのかを考えていきたいと思います。

続きを読む

詩編145章10~21編                                     

 世間では、今日は今年最後の日曜日。しかし、神様を信じる私たちには、クリスマスを迎えて新たにスタートする日曜日(聖日)です。これまでの神様の恵みを数えて、感謝を覚えて、賛美からスタートしましょう。

続きを読む

ヨハネによる福音書13章31~35節                                  

 『互いに愛し合いなさい』私たちにとってはなじみ深い御言葉です。あまりにも知られ過ぎて、この御言葉だけが独り歩きしてしまうほどに、私たちを励まし、心を温かくする素敵な御言葉です。しかし、今回は受け取る私たち側で御言葉を想うのではなく、イエス様側からこの御言葉に、心を寄せたいと思います。

続きを読む

マタイによる福音書25章31~45節                                

 夏休み「イエス様につながる人の生き方」シリーズ。今回のテーマは「神を愛し人を愛する生き方」をイエス様のたとえから思いめぐらしてみましょう。

続きを読む

 ヨハネの黙示録7章9~17節                                

 神様につながる私たちは、「神の家族」として教会に集められています。そこで持たれる礼拝は、神様と私たちが最も近づくところであり、神様の恵みが溢れだす、神様にあってのホットスポットです。想像力を働かせて、天での礼拝と同じ恵みをこの地上で味わいましょう。ヨハネの黙示録は、ヨハネの見た幻が記されています。幻ですから、非現実的な生き物などが出てきて、わからないと思ってしまいがちです。しかし、神様が私たちに胸の内を証してくださった書物です。まずは、聖霊なる神様の助けをいただいて御言葉に聴く気持ちを持つところから始めましょう。

続きを読む

 創世記 31章1節~21節                     

 神様の呼びかけに応え、日々異国の土地で伯父に仕えつづけたヤコブ。その時の中で、ヤコブは変えられていきます。そして、神様の約束の時を迎え、ヤコブは故郷へ戻るようにと、神様に告げられます。

 

続きを読む