2018年1月18日 木曜日

たかが入浴剤、されど入浴剤★

年明け早々、ビックリしたことがあった。

パソコンを開けたら、立ち上げ画面が一変しているのであった。

昨年「ウィンドウズ10に更新」というので、その通りにした。

あまり巷で囁かれる弊害はなかったので、胸をなでおろしていた。

ところが明けて2017年にトンでもないことに!!!!!

娘が帰る日だったので、とりあえず画面下部のアンダーバーに

常日頃使っていたアイコンを並べてもらい、週報作成等の作業をするに事なきを得た。

 

先週、パソコン教室があったので講師のMさんに「こうなっちゃってるんですが・・・」と見てもらった。

「ああ、タブレット用の画面ですね、これは」と言って、訂正してもらった。

「ウィンドウズ10は勝手にしちゃう傾向がありますよ。」と。

でも、ど素人の私はビックリしたなぁ~もぉ~~~!!!

 

ま、そんなこんなの騒動があって、通常画面をゲットして思ったのは

このブログも更新の回数を増やしていこうかな、ということ。

その手始めに、孫との思い出を書くことにする。

************************************

 

年末に孫が来て、一番最初に行きたいと名前をあげたのが 子ども用品を扱う「西◎屋」であった。

というのも、ママは彼女の洋服を買いたくて西◎屋へ行くのを恒例としているが、

孫娘の目的は何を隠そう入浴剤なのである。

普通のスーパーにも置いてあるが、そこはそこ、子ども専門店なればこその半端ない種類が揃えられている。

一個299円で、入浴の際にそれを溶かすと中から可愛いフィギュアが出てくる。それが彼女のお目当て。

以前は「乗り物」シリーズが好きだったし、昨年は「深海魚」シリーズを買って楽しんだ。

 

今年はかなり目移りしたらしい。即断即決型の彼女にしては、だいぶ迷っていた。

売り場で私に「バァバ、何個買っていい?」と訊いてきた。

「えーっと、何日お泊まりするのかなぁ?」と尋ねてみたら、その場で指折りをして「6つ」と答えた。

「じゃぁ、6個いいよ」と言ってあげたら、そりゃぁ喜んで、あれとこれとと6個選んで満ち足りた顔をしていた。

バァバも「もぉ他にはオモチャは買わないけれど、いいかな。」と念押しした。ふふふ。

 

個別の値段は299円だけれども、×6ヶ 。 お安くない。

しかし、孫の満足そうな表情の前には、バァバは見事撃沈される。(いつものことだけれども。)

 

それで、思ったことが一つ。

彼女の望みを叶えた満足ぶりに、ひょっとして大人の我々って、意外に欲深なのかもしれないと。

夜になってお風呂に入る段に、「今日は何が出てくるかな!」と期待している姿に、

また嬉しそうに出てきたフィギュアを見せる姿に、入浴剤一つであっても、

「喜び」を感じ、それを大切にするステキさを目にした。

 

日頃、我々はいろんなことを期待し、それがかなわないとガッカリしてしまう。

しかし、小さなことに喜びを見出し、そこから前向きになれるって良いことだなぁと思わされた。

今年は欲深にならずに、等身大のところで良しとしていきたいな、と思った。

 

「かなうんだ 夢が見事に 手近から」

 

 

 

コメントをどうぞ