2018年7月17日 火曜日

内なる基準(6/6)

このところ感じているのは、以前は出来たことの7割がたしか 今はできないということ。

例をあげれば、明日の「バァバのお菓子屋さん」の為に、パウンドケーキやシフォンケーキを焼く。

その他に、「100円カップケーキも焼こう!」と思っていても、焼けないことも多い。

そして、ちょびっと「ああ、やっぱできなかったなぁ・・・」と落ち込む。

 

しかし、先月の教会バザーで気づいたこと。

例年通りに100円ケーキも焼こうとしたのだが、時間切れで出来なかった。

けれどもお客さんは、シフォンやパウンドケーキ、クッキーをゲットしたら満足したようで

あえて「チーズケーキは?」とか「ヨーグルトクラフティはないの?」なんて訊ねる人はいなかった。

 

そこでわかったこと。 自分的には目標をクリア出来ずに不足感を感じていたけれども、

他の人にとって あればあったで、なければないで、どちらでも良いこと。

自分だけがこだわっていたにすぎなかったんだぁ。。。。。。

 

私たちは大なり小なり 自分のうちに「内なる基準」をもっていて、それが満たされないと

なんか不足を覚えて、「やっぱ ダメなんだ・・・」と落ち込む。

けれども、そんなこと 他の人は意に介するワケでないし、また自分自身も、

そういった「基準」にしばられるのは ほんとアホらしいと言えばアホらしいのだ。

 

達成出来ても出来なくても、それで良しとする。

65歳になった今、そういう見極めも大切かなぁ・・・と思う。

そう。「がんばらない」のだ。私たち団塊の世代は競いあい、切磋琢磨してきた。

それはそれで、向上につながってきたと思う。しかし、今やスローライフ。

ゆっくり、ゆったり、ゆるやかに。 自縛の縄目を解き放ちたいな。

 

「ゆるゆると 眉間のしわさえ のばしたい」

「ゆったりし パンツのゴムも ゆるゆるに」 おおっと! これは違った~!?

 

 

 

 

 


1 コメント

  1. Comments  キャンプ屋   |  2014年6月 07日, 土曜日 at 20:41

    コメントを入れるところをみつけました!
    HOME上ではコメントを入れるところがなかったのですが、
    その記事のタイトルをクリックしてみましたら、ここに着きました。

    今日はバアバのお菓子屋さんに行ってよかった♪♪です。

    若いカップルの知り合いが急に立ち寄ってくれたのです。
    パウンドケーキを出したら、美味しい!ととっても喜んでくれましたので、
    残りとクッキーをお土産にしました。

    お蔭で私たち夫婦も楽しい美味しいティータイムを持つことが出来ました。

コメントをどうぞ