2018年9月19日 水曜日

2016年5月のアーカイブ

非日常

五月一日の夕方、娘一家が常陸大宮に訪ねて来ました。

前回、娘と孫は春休みを利用して来常しているので、それほど間があいてはいませんでした。

しかし・・・孫の生意気度は確実に上昇しておりました。

 

高速バスの発着場に迎えに行き、彼らが乗り込んだ時からそれは始まりました。

「これから、いったんチャペルに行って、パソコンの部屋を片付けて、

布団を敷いて、それから「はま寿司」(常陸大宮にある唯一の回転寿司屋)に行こうと思う。

そうすれば、お腹がいっぱいになって帰った後は、お風呂に入って寝るだけということになるものね。」

そう言うと 運転席の後ろから孫が「それは、賢い考えだ!」との声。

思わず「ハハァ~!! 好意ある評価をいただき感謝でございます。」と言ったわさ。

 

2日の月曜日には、パパが一緒ということもあって森林公園(恐竜公園)に出かけました。

園内を遊び回って1時間半余り。バァバは駐車場の車の中で文庫本を読了。

それはそれで、有意義な時間ではありました。

内原のイオンモールでランチとお買い物。

「暑いと思って半袖だけ持ってきたから、長袖のTシャツが必要かも。」とママは言い、

とあるブランドショップで望みのものをゲット。お店も購買意欲をかきたてるかのごとく

そのコーナーでは「三枚買ったら、三枚目は無料に!」と垂れ幕がぁ~~~。

ええ、ええ、三枚買いましたよん。長袖のチュニックとレギンスと なぜか袖なしワンピも。

面白いもので、三枚あるうち、一番値札が安い商品がタダになるシステムなんですわ。

ほんと、購買者に「お得感」をもたせて、在庫をうまくはかせるシステムよねぇ。。。。。。

 

3日の火曜日は常陸海浜公園に一家総出で行きました。

お目当ては「ネモフィラの丘」。ほんと、素敵な青い青い小高い丘でした。

もち、バァバと車椅子のジィジは麓で一休み。娘一家は見晴らしの丘頂上まで登りました。

早い時間帯だったので、身障者用駐車場にまだ余裕があり、ゆったり出来ましたが、

午前10時には、ふだんの駐車場は満杯、臨時のそれも満杯、お昼過ぎにはジョイフル本田や

コストコ隣の空き地まで臨時駐車場が出来て・・・すんごい人手でした。

GWの行楽地★  今まで、避けていましたが、まさに今回、実体験しました。

 

4日はバァバのお友達が来て、楽しいランチとおしゃべりの会。

孫もいっちょまえに会話に加わっておりました。

時々、「大人の会話」に飽きると、花壇の「蟻の巣観察」に行きました。

まぁ、一回に20~30分、じっとしゃがんで蟻の動きを観察して

よくまぁ飽きないこと、とびっくりしました。ここに滞在している間、

一日三回、朝に昼に晩に観察してましたねぇ。

 

バァバのお友達が帰った後、ジィジが透析から戻ったので、食事を整えて出し、

娘一家を連れて、夕方の川辺に行きました。先日「道の駅」がオープンして、そこの川べりで遊べるのです。

そして、念願の「カエルとの遭遇」を果たしました。 なぜかカエル大好き☆の孫なので

それはそれは、大大大~感激で、手のひらにのせるはもちろん、肩にのせたり、

髪飾りよろしく頭にまでのっけてました。 午後の6時にクローズするので

「もぉカエル」と言うと、「ヤダ、ヤダ、もっといるぅ~!!!」とダダをこねました。

ませた口をきく子だけど、やっぱ年相応の幼児なので 安心しました。

 

5日は最終日。午後2時の高速バスで帰ります。

だから時間配分は大切です。親水公園に行って、芝生すべりをし、

ここの川べりでも笹舟を作って、流して遊び、園内の常設遊具を一通りこなし、

お昼前に帰宅。しっかりランチ&デザート。

 

孫はなぜか抹茶好き。だもんで、バァバは用意しましたよん。

抹茶シフォンケーキ、抹茶アイス、抹茶わらびもち、抹茶プリン。

100円ショッでゲットしたのは、「抹茶ミルキー♪」

最後に抹茶シフォンを口いっぱいに頬張って、「茨城は天国だなぁ~!」ですって。

 

高速バスの乗り場まで送って行きました。

バァバがため息まじりに「モモちゃんが帰ったら、寂しくて寂しくて、

これから どういう風に過ごしたらいいんだろうねぇ・・・」と言ったら、

孫、即座に言いました。「普通に過ごしたらいいんだよ」

 

 

「孫が来て 非日常なぞ 味わうGW」