伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

      マルコによる福音書14章1~9節             

 

 今日の箇所は、「ナルドの香油」としてよく知られている所です。イエス様に香油を注いだ一人の女の行動に目を留めて、「信仰に生きること」を改めて考えていきたいと思います。

 イエス様は、ペトロの信仰告白の後、人々に、終末の出来事について話してきました。そして、話し終える時、イエス様の苦難が始まっていくのです。ちょうどその始まりにあたるのが今日の箇所になります。

続きを読む

     使徒言行録第18章5-11節             

 

  教会が建てられていく最初のころ、伝道者を襲うのは人々の嘲りと迫害でした。どのようなときであっても主の導きがあることを使徒言行録は伝えています。「私は共にいる」と語りかける主は今日も私たちに生きる道を示されています。

 

続きを読む

マタイによる福音書9章18~26節                    

 

「求めなさい。そうすれば与えられる」(7:7)神様が与えて下さる希望とは、どんなものでしょうか?2人の信仰から「希望」について御言葉に耳を傾けていきたいと思います。

 今日の個所では、イエス様に願い求めた2人の人が登場します。

続きを読む

1 2 3 17