伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

 コヘレトの言葉7章1~6節                      

 

 永眠者記念礼拝です。聖書の言葉から「死」と永遠の命に思いをはせましょう。

1.死ぬ日は生まれる日にまさる

 一般的には「死」は忌まわしい終わりと考えられているかもしれません。しかし、今日の聖書の御言葉は「死ぬ日は生まれる日にまさる(1節)」と語ります。なぜなら主イエスを信じる者にとって、死は天国の永遠の命の始まりであるからです。別の言いかたをすれば、天国という、神様のおられる故郷に帰る恵みの時でもあります。永眠者記念礼拝とは、亡くなった方を嘆く記念日ではなく、信仰によって主と共に天に確かに生きている人々と、同じ主を礼拝する祝福の時です。

 

2.命あるものよ、心せよ

 また、死を忌まわしいものとして目を背けるのではなく、信仰をもって死ときちんと向き合う人は、賢者の生き方をすることができます。

信仰によって死と向き合う人は、その先の永遠を見すえて生きるものとなります。それは、短い地上の歩みを大切にすることにつながります。また、困難も多い人生の中で、それにとらわれるのではなくて、幸せを数えることができるようになります。そして何よりも天国の主人である神様を信じて、その祝福を受け取りながら地上においても歩むことができます。

死と向き合うことは神様が与えてくださる機会です。その機会をとらえて、地上の命ある私たちは、生き方を信仰よるものへと見直しましょう。

 

3.道であり、真理であり、命である方

 この「命」につながる私たちの信仰の中心は、言うまでもなくイエス・キリストです。イエス様は次のように言います。「わたしは道であり、真理であり、命である(ヨハネ14:6)」

 イエス様は天国に至る「道」です。イエス様についていく生き方こそ天国へ向かう歩みです。また、イエス様は「真理」です。偽物ではなくて、本当に命を与えてくださる方です。そして、イエス様は「命」です。十字架の後、自ら復活することを通して、「その先の命」が本当にあることを証ししてくださいました。

 

<思い巡らしえみましょう>

 信仰を確認し、既に天にある人々との再会を覚えて祈りましょう