伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

創世記 22章1~19節                 

   

 アブラハムに最大の試練が与えられます。その中で主の呼びかけに応える究極の姿が記されています。

1.主の呼びかけに応える

 神様の約束によって与えられたイサクを、今度は焼き尽くすささげものとしてささげるように神様はアブラハムに言いました。恐ろしいことを神様は命じましたが、急にこの出来事があったわけではありません。聖書は「これらのことの後で(1節)」と神様とアブラハムの築き上げられてきた関係性の上に、この出来事があったことを記しています。この日も神様は「アブラハムよ」と呼びかけ、彼は「はい」と答えて、その中で神様は恐るべきことを語りました。

アブラハムは最初から信仰の超人だったのではありません。たくさんの失敗を繰り返しながら、でもただ一つ素晴らしかったのは、いつも、どこでも、毎日「祭壇(9節)」を築き、神様と向き合ってきたことです。だから、普通ではあり得ない命令にも「神様はイサクに命を与えてくださるから大丈夫(参照:ヘブライ11:17~19)」と信じて応えました。そして事実、イサクは命を得ました。

神様はあなたの名前を毎日呼んでいます。その声に「はい」と応える祭壇を私たちも築き始めましょう。

 

2.その先に祝福がある

アブラハムとイサクのやり取りにも、神様への信頼に基づいた関係性が見て取れます(7~8節)。神様はすべての人に命を与えて関わっておられます。親子関係をはじめとして、人と人との関係は、自分も相手も神様によって生きていることを認めていく時に命と祝福が与えられます。

 

3.その日、呼びかけに応えはなかった

 アブラハムの信仰の結果、神様はそのずっと先まで続く大きな祝福を約束しました。それは、今私たちが受けている祝福です。すなわち、アブラハムがイサクをささげたように、神様が私たちの命の代わりにイエス様をささげたことです。主は独り子イエス様の呼びかけに応えずに十字架にかけ、私たちに永遠の命を与えました。

 

<思い巡らしてみましょう>

 神様と向き合う祭壇を築きましょう。祝福を受け取りましょう。