伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

  マルコによる福音書1章40~45節                        

 

 イエス・キリストは多くの病人を癒しました。それは、病に苦しむ人にとって大きな励ましであると同時に、さらに人のすべてを救うような癒しがあることを私たちに教えています。今日は一人の重い皮膚病の男性の癒しに目を留めます。

 

 

1.重い皮膚病の人

 イエス様の前にやって来たのは、「重い皮膚病を患っている人(40節)」でした。重い皮膚病は皮膚がただれていく深刻な疾患でした。しかも、当時はさらに厳しい意味を持っていました。旧約聖書のレビ記13章を見ると、神様から与えられた律法の中で、重い皮膚病になってしまった患者は「汚れたもの(=罪人)」と見なされ、社会から隔離されて生きることになりました。身体的な苦しみに加え、社会的にも、霊的・精神的にも大きな苦しみを味わうものだったのです。

 

2.ひざまずいて願ったことは

 その人はイエス様のところに来て、ひざまずいて願い、「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります(40節)」と言いました。

 普通に考えれば、病気の人が願うのは、病気が「治る」ことです。しかし、彼は「清くされる」ことを願い出ました。彼は、イエス様が病を癒せる主であることを信じて、罪人の自分、汚れたものの自分を受け入れてくれますか、と願いつつ言ったのです。

 

3.深く憐れんで

 イエス様は彼を「深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、『よろしい。清くなれ』(41節)」と言いました。すると、かれはたちまち清くなりました。それは、霊的な救いであり、同時に身体的な病の癒しと社会的な回復がついてきました。

 誰かの苦しみを完全に理解できる人間はいませんが、イエス様はあなたの病と苦しみを知り担ってくださいます。癒しが必要ですか。イエス様の前へ行きましょう。

 

① 何か癒しを求めていることがありますか?(心、体、霊、いずれでも)

② 「清くされる」ということに癒しの秘訣があることについてどう思いますか。

③ 今、私たちが癒しを求めてイエス様のもとに行くにはどうすればよいでしょう。