伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

     第一テサロニケの信徒への手紙4章13~18節             

 

 今日は永眠者記念礼拝です。聖書の御言葉を通して励ましを受けましょう

1.復活の希望

 世間一般では、死は忌まわしいものに尽きますが、聖書は「既に眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいてほしい(13節)」と言って、信仰者に与えられた希望を語ります。

 私たちに与えられているのは、第一に「復活の希望」です(14節)。聖書はイエス様の復活を証ししています。そして、同じように死の先に永遠の命に目覚める復活が、私たちにも与えられると約束しています。この希望は、そうだといいなという願望ではなく、聖書の言葉による神様の約束です。ここに希望があります。

2.天国の希望

 また、その復活の時について、より具体的にイエス・キリストが再び来られる時の様子が描かれています。「神のラッパが鳴り響くと」、イエス様が私たちのもとに来られて、既に眠りについたものも、信じて生きている者もその前に集められます(15~17節)。

 ここには二つの希望があります。一つは、既に眠りについた者たちとの再会の約束であり、また「いつまでも主と共にいる」という天国の平安の約束です。

3.励まし合いなさい

 とはいえ、目に見えないものへの信仰を強く確かに持つのは、人間には本当に難しいことです。だからこそ、「今述べた言葉によって励まし合いなさい(18節)」と聖書は私たちに語っています。聖書の言葉によって、そして教会で共に集って励まし合うことで、確かな希望を持って人生を歩んでいきましょう。

<思い巡らしてみましょう>

 復活、再会そして天国の希望、聖書の言葉で互いに励ましましょう