伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

      マルコによる福音書14章27~31節             

 

 最後の晩餐の後、オリーブ山へ出かけたイエス様と弟子たち。イエス様は弟子たちに、突然、予想だにしない衝撃の予告をします。それは弟子たちが、イエス様を裏切るという、受け入れがたい自分たちの姿でした。今回は、ペトロにフォーカスを絞って、それぞれの信仰生活を見直してみたいと思います。

 

1.神様に愛された人“ペトロ”

 十二使徒の筆頭とも言われているペトロが、神様に愛された弟子であることはよく知られています。ペトロは、人格者というより、気が短く、そそっかしい、欠けの多い人だったようです。聖書には、彼の性格を表わすエピソードが数多く残されています。今日の箇所は、その性格が災いした“ペトロの大失敗”の記事です。

2.弱さは突如として現れる

 ペトロのすぐに口に出してしまうその性格が、彼の弱さをさらけ出すきっかけとなってしまいました。イエス様に裏切りを指摘された時、彼は真剣に自分が裏切るはずがないと思っていたことでしょう。しかし、突如訪れたイエス様が捕えられる場面に、とっさに出た言葉は「この人を知らない」というイエス様を裏切る言葉でした。まさか自分が、自分を守るために、このような言葉を吐くとは思ってもみませんでした。人は、弱く貧しい者です。自分の隠しておきたいその闇の部分が突如露わになった時、人は急所を突かれ、絶望に陥ります。あなたは、自分の弱さと向き合えますか?

3.暗闇に灯された光

 人が絶望の中にある時、陰府(よみ)に下られたイエス様は、その暗闇に光を灯して待っていてくださいます。ペトロは、自分の弱さと向き合い、欠けの多いあるがままの姿でイエス様に従っていきました。そして、後にペトロは、教会を立て上げ、神様にある兄弟姉妹を励まし、十二弟子の筆頭と言われるほどになっていったのです。自分に絶望した中で出会ったイエス様は、生きる希望となり、新たなスタートをきる力となったのです。

<思い巡らしてみましょう>

 あなたは自分の弱さ貧しさを知っていますか?あなたは信仰に自信を持っていますか?イエス様は、閉ざされた扉の隠された心の扉の前に立っておられます。