伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

ヨハネによる福音書21章15~19節                     

 

 復活したイエス様にペトロが再会しました。身の危険を感じて、三度もイエス様の弟子であることを否定してしまったペトロにとって、何とも気まずい再会です。

 

1.何度でも赦す愛

 イエス様が十字架にかかる前は、勇敢にも「あなたのためなら命を捨てます(13:37)」とイエス様に言っていたペトロですが、実際にイエス様が捕まると、身の危険を感じたペトロは「あいつの弟子だろう」と問いかけてくる人たちに、「違う」と三度も否定してしまいました。格好つけて「命を捨てます」と言っていたペトロにとって、いざとなったら裏切ってしまう自分自身の姿は、情けなく、イエス様に対しても申し訳ない気持ちでいっぱいであったことでしょう。

 ところが、そんなペトロに再会したイエス様は怒るのではなく、まるで最後の晩餐の後にイエス様を裏切ってしまった失敗を取り返させてくれるかのように、「食事が終わると」「わたしを愛しているか」とペトロに問いかけてきました(15節)。

 それは、彼の裏切りを責める言葉ではなく、何度でも失敗を赦して、やり直すことができるようにと向き合ってくれる、イエス様の「本物の愛」をよく表しています。イエス様の愛は、赦す愛です。あなたも赦されます。

2.アガペーとフィレオ

 イエス様の「わたしを愛しているか」という問いかけで使われている、「愛」と訳されている言葉はギリシア語で「アガペー」という、無条件で見返りを期待しない、完全な神様の愛を表す言葉から来ています(15-16節)。

 一方で、それに答えるペトロの「愛していること」に使われる「愛」は「フィレオ」という、いわば「愛情」や気持ちを表す言葉です(15-17節)。

 ペトロは三度の裏切りを経て、自分の「愛情」がどんなに不安定で、状況や気持ち次第で揺らいでしまう弱いものかを知りました。それでも「精一杯あなたを愛したい」という思いを込めて正直に「フィレオ」と答えたのです。そのペトロの精一杯を、イエス様は喜んで受け取ってくれました。

 人間の愛情は不完全なものです。しかし、イエス様はそれでも喜んでくださり、見返りを期待しない愛であなたを愛しておられます。この愛を受け取りましょう。

<思い巡らしてみましょう>

 イエス様の愛は赦す愛です。見返りは求められていません。