伝統的プロテスタント信仰に根づく教会です

ヨハネによる福音書 20章24~31節                   

 

 イエス様の復活を「決して信じない」とまで言った、十二弟子の一人がいました。

1.信じる者になりなさい

 十二弟子の一人、トマスはイエス様が復活して、他の弟子たちの前に現れた時にそこに居合わせませんでした。それで、他の弟子たちが何と言おうと、自分の目で見て、触れてみなければ「決して信じない」と宣言しました(24~25節)。

 そんなトマスのもとに復活したイエス様が実際にやってきました。そして、直接トマスに「信じない者ではなく、信じる者になりなさい(27節)」と言われました。

 イエス様はトマスが言っていた通り、十字架で受けた傷跡に触ってもよいと言いましたが、もうトマスにとって触る必要はありませんでした。彼は信じる者になりました。人は「○○だったら信じる」と条件を考えるかもしれません。しかし、目の前で自分に語りかける方を、信じるか信じないかは考えるまでもありません。

 主イエスはあなたにも今、呼びかけています。「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」と。

2.わたしの主、わたしの神

 トマスはイエス様に「わたしの主、わたしの神よ(28節)」と答えました。信じられなかった時は、「あの方(25節)」と呼んでいたイエス様が、信じた今は「わたしの主、わたしの神」となりました。

 私たちの信仰は、イエス様の存在を信じることではありません(それは歴史の教科書にだって載っている当たり前のことです)。このイエス・キリストが、わたしのために十字架にかかって罪を赦し、復活して永遠の命を約束してくれた「わたしの主、わたしの神」と信じて生きることです。

3.見ないで信じる人は幸いである

 イエス様はトマスが「見て信じた」ことに関して、「見ないのに信じる人は、幸いである(29節)」と言われました。私たちは今、肉眼で主イエスを見ることはできませんが、その代わりに聖書の言葉が与えられています(30~31節)。見ないのに信じる人は、聞いて信じる人です。主イエスの呼びかけに耳を傾けましょう。

<思い巡らしてみましょう> 

 信じない者ではなく、信じる者になりなさい